撮影会&フォトギャラリー

いろんなカメラで撮影散歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

二眼カメラの魅力

ご訪問ありがとうございます。


今日は私が使っている二眼カメラのお話を。

 リコーフレックス ニューダイア
 1956年9月発売(56年前!)
 12,800円(当時の価格)

img843_20120917140747.jpg


実は写真を始めるずっと前から気になっていた二眼レフカメラ。
どこかで見かけて頭の片隅にあったんでしょうけど
あの物体はなんだろう?たぶんカメラかな~?でもどうやって使うんだろう?
まさか自分が使うとは思ってもみなかった。
友人の手元にやってきて触らせてもらったのが運のツキ。
いい意味で出会ってしまいました。

デジタルカメラ全盛にあって、さらに普通のいわゆるフィルムカメラとはまた勝手が違う。
人によってはある意味すごーく面倒くさいカメラでしょうね。
でも私はすごくハマってしまったのです。

なんと言ってもファインダーからのぞく世界。
『わあーなにこれー!』
何と言ったらいいのか、これは是非実際に覗いて見て欲しいのですが
動画のような映画のワンシーンのような、被写体が生きてる感じがするんです。
ricohflexdia2.jpg
覗いているだけで楽しい(笑)
当初(たまに今でも)覗きながら歩いてみたりして。

操作は基本一緒です。
絞り、シャッタースピード、ピント、構図。
ただ、カメラの画面には左右反対に写ってるんですよね。
そして水平になかなか撮れない!

カメラを覗きながら右へ行ったり左へ行ったり体を傾けてみたり・・・・。
傍から見ていたら結構面白い動きをしてるんでしょうね(笑)
もしかしてカメラに遊ばれてるかもしれない・・・・。

フィルムはブローニ(120)判を使います。
あこがれのスクエア写真が撮れます(私が勝手にカッコいいと思っているだけです)。
12枚撮りなのでなおのこと被写体とじっくり向き合います。
自分でフィルムを巻きあげるので多重露光(写真を重ねる)ことも可能。
写真の幅というか遊びの幅が広がります。

とにかくまだまだ驚かされることの多いカメラ。
機械(物)というより人間味(温かさ)を感じているのも魅力の一つです。

以下にこれまで撮って来た写真を掲載しています。
よかったら覗いて見て下さい♪
↓↓↓↓↓↓
RICOHFLEX DIA

最後まで読んでくださりありがとうございました。
では、また☆

関連記事

 未分類

- 2 Comments

utrillo8  

こんにちは!

手元に父が購入したリコーフレックスがあります。箱も・・・。

荻窪と言うとクラカメに凝っていた時に「田中商会」へ数回出没してコンテッサのフィルターやフードなどをゲットしました。

現在は高いクラカメは殆ど処分してしまい、
売れそうもないクラカメが収納ボックスの中に眠っています。v-16

2012/09/23 (Sun) 15:46 | EDIT | REPLY |   

rico☆fle  

Re: タイトルなし

こんにちは、コメントありがとうございます。

> 手元に父が購入したリコーフレックスがあります。箱も・・・。

お父様が購入したものが手元にあるって素敵ですね。
私の母も二眼は使ってたらしいのですが・・・・取っておいて欲しかった・・・・。

> 荻窪と言うとクラカメに凝っていた時に「田中商会」へ数回出没してコンテッサのフィルターやフードなどをゲットしました。

「田中商会」(お店の名前をほとんど覚えない人なので(汗))
・・・・!ありましたね!
よくお店の前を通ってましたよ。
いつお店が無くなったんでしょうね?全然覚えてません。
その当時は興味がなかったので『古いカメラが置いてあるなー』ぐらいで通り過ぎてました。
そんなに身近にあったんですね・・・・残念。

クラカメ、また使ってみて下さいね♪

ありがとうございました。




2012/09/23 (Sun) 19:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。